top of page

いまでもウルウル

9月に入り、急に涼しくなりました。

蝉の声も聞こえなくなり、ちょっと寂しいです。


昨日は、一つの園で、

主任の先生といろいろ相談をし、演目を絞り込みました。


ここの園の先生方には、

何かとお世話になってまして、

何時も感謝しているんです。



たとえば・・・


踊りに使う小道具を、

何種類も作ってもらったり・・・

(そして、それは他の園でも使わせてもらってます。)


男の子の袴用の帯も、

数多く作ってもらいました。

(もちろん、他の園でも使ってます。)


試験的な曲選びにも、協力してもらってます。



そんな、有り難い園での思い出・・・



園児には、

体格がいい子がいれば、

まだまだ幼さが残る、きゃしゃで小さい子もいますが、


とくに、

小柄でおとなしかったNくんは、

引っ込み思案で、

踊りに付いていくのも

やっとでした。



でも、

本番は見違えるほど、

立派に出来まして、

最後の掛け声も立派!


これにはビックリ・・・   


たぶん、

他の誰よりも、

私が一番驚いたと思います。



「ぼくね、お家で練習したんだよ。」


の言葉に、私は思わず、ウルウルしたのでした。


その子にとっては、最初で最後。

日本舞踊との縁は、多分無いでしょう。



でも、嬉しかったなぁ~。



あの嬉しそうな明るい笑顔が甦ります。



今年の園児さん達にも、いい体験ができる様に、

いい作品を作ろうと思います。

日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波








閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page