top of page

お変わりなく・・

歩く目的は、はっきりしております。


姫路駅から、姫路城に向かってまっすぐ伸びる大手前通りを、


久しぶりに歩きました。


コロナの影響で店は閑散としてますが、姫路城は凛としています。


店店の変化にわき目を振りながら、ひたすら目的地へ。




埼玉は雨だったけれど、姫路駅に着いたら雨は上がっていて、


ちょっと太陽が見えたりして、蒸し暑く、


マスクをして、ハアハアしながら、


それでも、歩いて・・・



見えてきました。


ナガハマ時計店です。


ここは、姫路市元町。昔と全く変わってなくて、嬉しい限りです。



五代目のナガハマさん



彼の頭上にある、二つの時計ですが、


一つは明治時代の播陽時計


右側がナガハマさんが手がけた復刻盤の播陽時計だそうです。


この時計は、知る人ぞ知る幻の時計で、その技術長がナガハマさんだったそうです。


とってもシンプルで、美しい時計です。




お会いするのは、本当に久しぶりです。


お隣に素敵なお母様がいらっしゃいましたが、カメラを向けたら遠慮されました。



お二人とも、お変わりなく、嬉しかったです。




今回は、お支払いと、再度の修理依頼。


修理品は、たぶんナガハマさんにしか直せないでしょう。


手元に戻ってきたら、お見せします。



おたのしみです。




全く急いでませんので・・・・。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page