top of page

たぶん実現しない、着物のはなし


昨日、今日と少し着物の整理をしてまして、思い出したことがあります。




紋付の着物には、一つ紋、三つ紋、五つ紋がありますが、



母親が私の為に仕立ててくれた着物の中に、黒地にうさぎの刺繍紋があります。



紋付と言えば、普通は家紋や屋号の紋で、正装(せいそう)となりますが、



洒落紋は、堅苦しくない盛装(せいそう)、ちょっと楽しい洒落た気分で着られます。


上の写真は、昨年秋に着た組み合わせ。少し改まる感じかな。




でも、事の始まりは・・・

このうさぎの帯です。花兎の文様と月が刺繍してあります。その中の月と兎だけを刺繍紋に



したのです。




私には、たぶん実現しないであろう、密かなあこがれがあります。

それは、この様な着物を、さりげなく着たいのです。



数年前、祇園祭りの頃だったか、京都の呉服店での見かけた男性の後姿ですが、かっこいい



と感動しました。



これは染めの洒落紋になるのか?着物の柄となるのか?分かりません。そして、




うさぎなのかコウモリなのかも定かではないのですが、こういう洒落た



着物をさりげなく着て歩きたいのです。勿論、半幅の帯で・・・。



たぶん実現しない話です。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page