top of page

一番に・・・


根津のお稽古場には、稽古場オーナーさんの所有の、

美しい日本人形が飾られています。


ガラスケースの中に、久月作「道成寺」と書いてあります。


お稽古場に入ると、一番にその人形の前に座り、

眺めるのが、習慣になってしまいました。



半世紀以上も前の人形です。

顔も現代の日本人形の顔と違います。

古風な中に品があり、ポーズもまたいい。

衣裳の色合いや、製裁も凝っています。


とにかく、素晴らしいんです。



だから余計、つい見入ってしまいます。飽きないのです。



道成寺は、その演目・衣裳・曲・演奏、どれをとってみても、

日本舞踊の作品の最高峰の一つなので、

日本人形の代表各になるのも、当然と言えば、当然でしょう。


でも、この人形には、特別な魅力を感じてしまいます。






実際には、お化粧をし、衣裳を付け、

「さぁ、舞台へ」と向かう、その直前に、

かつらをつけてもらいます。




この人形を見ていると、

あの時の内面の心の定まり、心持ちを思い出します。


そして、改めて自分の未熟さ故の、更なる向上を願うのです。


技術的には勿論、精神的にも成長をしていきたい、と切に思っています。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page