top of page

どうしようかな~

普段履いている桐下駄の一つは、


もう、20年以上のお付き合いです。



弘前市にある、ゑびすやさんの下駄です。


東京の某デパートでの催事場売り場で購入し、


現在に至ります。



山ブドウの下駄です。


履き込んでいますので、


足になじんで、


桐下駄の軽さと共に、


風合いもでてきて、


誠に気に入ってます。




でもでも、


そろそろ、下駄底もすり減って・・・

年季入ってますよね。(汚くて恥ずかしい)



この桐下駄は、


かかとが高く、


ちょっとのぬかるみでも大丈夫です。


でも、桐自体は濡れるとシミになるので、


極力雨の日には履きません。



そろそろ、


修理に出したいけど、


ゑびすやさんのご主人は、


既にお亡くなりになってます。



お店は、まだありましたが、


出張販売は、もうできないとの事・・・(◞‸◟)



浅草の富士屋さんで買った桐下駄は、


ご高齢だったご主人がなくなり、


お店も無くなりました。




お店が残っているのは、


有難いから、


履きつぶさず、


修理しようかな~。



弘前に、送るしかないな~。




新しく購入したい気もするなぁ~。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page