top of page

はぁ~、懐かしの・・しんみり

先月23日に

上方の歌舞伎俳優で人間国宝の、

片岡秀太郎さんがお亡くなりになりました。

(片岡愛之助さんの養父であることは、皆さんご存じだと思います。)



秀太郎さんは、とっても品のある可愛らしい方でした。



思い出すのは、

平成二十四年 六月、新橋演舞場での襲名公演です。


この襲名公演は澤瀉屋挙げての大きな公演で


二代目 市川猿翁

四代目 市川猿之助、

九代目 市川中車

  の襲名披露公演であり、


初代 市川猿翁・三代目 市川段四郎の五十回忌追善公演でもありました。


その時の『口上』に坂田藤十郎さんと共に、女形の片岡秀太郎さんも座っておられ、

温かい、優しいお人柄がにじみ出る口上に

私は、しみじみ「可愛いなぁ~」と、見とれていたのを思い出します。


確か、秀太郎さんは『義経千本桜』の静御前役だったと思います。


この6月の襲名披露公演での舞台のお姿が、一番脳裏に焼き付いております。



はぁ~、寂しくなりました。



襲名公演は、翌年も続きまして、4月の金毘羅歌舞伎もそうでした。


(勿論、私は友人と共に参りましたよ!)





それで、秀太郎さんの訃報を聞いて、


この一連の襲名公演に出演していた

澤瀉屋の俳優の方たちの事も、

思い出しました。



まず、

市川右近さんが市川右團次となり、屋号は高嶋屋とかわりました。



そして、何よりもビックリしたのは、

市川月乃助(もと段治郎)さんが、新派の喜多村禄郎に、

市川春猿さんが、同じく新派の河合雪之丞に

市川猿琉さんも、月乃助さんと共に、新派の喜多村一郎と名を改めるなどして、


活躍の場が変わったことです。



たぶん、澤瀉屋として写る、最後の藤間流新年会の写真です。



左から、

喜多村一郎(市川猿琉)さん、藤間翔(藤間貴彦)さん、私、

喜多村禄郎(市川月乃助)さん、河合雪之丞(市川春猿)さん、市川笑三郎さん。


今となっては、宝物の一枚となりました。



はぁ~、ちょっとしんみり・・・



でも

彼らは、活躍の場が変わっても、りっぱに役者の道を歩んでおられます。




今の時期は、舞台俳優だけでなく、

演劇全体、舞台芸術すべての方が大変な思いをされています。

そして、苦労しながらも、前を見て進んでおります。





頑張ってください。


これからもずっと応援しています。



日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page