top of page

まるで宝石箱

お遊戯シーズンになりました。



それぞれの保育園では、


先生方が一生懸命準備を進めています。



私は、年長組の日本舞踊にだけ関わらせて頂いてますが、


その、一部の角度から見ても


先生方の多岐に広がる仕事の多さに、


目が回り、ついていけません。



でも、先生方は、日常の業務をこなしながら、


着々と準備しています。


流石です。




そんな中で、


とっても綺麗な物を


園長先生自ら作って下さいました。


ちりめんのつまみ細工で作った「帯締めかざり」です。



素晴らしいでしょう。



ご自宅に持ち帰ってまで、作って下さっていたそうです。



おもわず、「まぁ綺麗!!」と叫んでしまいました。



宝石箱を開けたような感動です。




先日は、

ブログでも紹介しました髪飾りに感動しました。



園児たちが、


可愛くみえるか、


喜んでくれるか、


楽しんでくれるか、


が必ず念頭にあり、


アイディアは、


柔軟で、


とても勉強になります。



なにより、


私自身が楽しんでいます。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page