top of page

アユのおかげ?

久喜教室では、稽古の後に、小休止のお茶を飲み、

それから着替えて終わりにします。


本日も

稽古の時間が一時間になる頃、小休止しました。


今日は、昨日の姫路(正確にはたつの市)の和菓子


あゆ最中


を持参しました。

あゆ最中です。とても喜んでくれました。

(私を含め、甘い物には目がないメンバーです。)


久喜市の和菓子「いがまんじゅう」と「しおあんびん」を手土産に持参し、

そのお礼にと頂いたものです。

あゆ最中は、他県でもありますが、私はたつの市のあゆ最中が大好きです。


稽古後にはこの最中の優しい甘さがなんとも言えず、

美味しく頂きました。





普通は、その後に着替えて終わるのですが、


なぜか今回は、元気が出て、


「もう少し稽古しましょう!」


という事になり、


曲を流して「夕暮れ」を浚ったところまで踊りました。




久喜教室は、エクササイズから入る稽古なので、


実際に曲を流し振りを浚うのは


半分の時間です。


それでも結構汗をかきますし、ゆっくりの動作を、無理のない範囲で続けていくのは、


身体全体にとてもいいと、私自身毎回思っています。




今日も、お疲れさまでした。






日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波








閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page