top of page

スコップ三味線すごい!

きょうはじめて

スコップ三味線なるものをみました。


社会福祉法人久喜市社会福祉協議会

主催による

「ボランティアまつり」が

久喜総合文化会館で

行われていて、

その中で、

たまたまスコップ三味線の演奏を聞いたのです。


スコップ三味線に対し、

先入観のあった私は

見るか見ないか迷いましたが


いざ見てみると、

凄い物でした。


まず、紐を肩にかけ座ります。

スコップの赤い取っ手を握り、

まるで三味線の音締を締めているようなしぐさです。

(@_@)


演奏に入ると、至って真剣

栓抜きみたいな金属が撥がわり

スコップをたたきます。


音も高い低いを使い分けています。

左手はスコップの枝を上下させて

その演奏している姿は


本当の楽器を弾いているようです。


中でも

ある高齢の男性は

足でリズムを踏みながら、

まるでエレキギターを弾いているかのようです。

かっこいいのです。


きっと、若い頃はずっと引いていたんだろうなぁ、

と勝手に想像しました。


三味線は誰でも持っている代物ではありません。

それに、弾くのでなく「叩く」だったら

多少障害のある方や高齢者でもできそうです。


はじめは、

茶碗をお箸でたたくぐらいのイメージでしかありませんでしたが


「これも、ありだな!」


と思いました。



よくぞ考えたものだと感心しました。


この活動が認めらっれて、

なにか表彰されたようです。


凄いですね。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page