top of page

中央ブロック舞踊公演


本日、チラシが送られてきました。




令和4年4月29日(金)

国立大劇場

第36回 中央ブロック舞踊公演




第一部11時30分開演


清元 玉屋     藤間 翔


第二部16時30分開演


長唄 越後獅子   藤間礼多



このお二人が、紫派藤間流の舞踊家として

出演いたします。


どちらも、見ていて楽しい面白い演目です。



この公益財団法人

日本舞踊協会の舞踊会は、

各ブロックに分かれて

公演があります。


東京支部は

中央ブロックの他に、

城東・城西・城南・城北のブロックがあり、


関西支部も、

京都・滋賀・大阪ほか、いくつかブロックがあります。


そして、

北は北海道から鹿児島まで、全国に支部は広がっています。



日本舞踊協会の設立目的は

日本舞踊の古典技法の正しい伝承と、

新しい作品の創造により、

日本舞踊の昴楊と発展を図ることと。


そして、流派を超えて、様々な事業を展開しています。


新春には、

各流派合同新春舞踊大会、いわゆるコンクール公演があり、


他には

日本舞踊協会公演

新作公演

こども向け事業

人材育成事業などがあります。



日本の古典芸能・伝承芸能である日本舞踊は、


まだまだ一般の方には触れずらい環境にあります。


ですが、これからも、

微力ながら、発展に貢献できるよう頑張ります。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波











閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page