top of page

婀の会に行って参りました

七夕の日、

古く中国から伝わった

「乞巧奠(きこうでん)」

の五色の糸に願いを託し

星に祈る行事にちなんだ

まさしく、ぴったりの公演でした。


1、星まつりによせて 演奏

長唄 五色の糸   

作曲 杵屋勝三郎

これは三味線・笛・小鼓・大鼓・太鼓の演奏に加え

お琴も加わり、とても華やかに、賑やかに、

天の川が目に浮かぶような演奏でした。

素敵でした。


2、邦楽語絵巻

あやとりひめ

脚色:演出 村野玲子

補綴:市川笑三郎

振付:藤間可笑

邦楽監修:堅田喜三代

語り:鴫原桂

舞踊:藤間初紫乃


婀の会の皆さんの演奏は、

様々な効果音も楽しく、そして素晴らしく

そこに一人語り・舞踊が加わり、とても奥深い作品でした。


七夕という日に

婀の会の皆さんの芸に対する熱意、情熱あふれる

空間に、私もエネルギーをいただきました。


みなさま、お疲れさまでした。


とても素晴らしい公演ありがとうございました。




紫派藤間流日本舞踊藤間紫希波







閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page