top of page

張られました~。

更新日:2021年6月14日




やっと、正式に発表されました。



やったー。待ち遠しかったです。



今年は、三代目 藤間 紫の襲名の年で、



素敵な浴衣の柄ができあがりました。



今このご時世、浴衣づくりの業者もどんどん消え、

普段六工程で作る物も、四工程しかできない。


でも、その中でより良い浴衣を、

三代目襲名の記念の浴衣を、紫派のたくさんの方に着て頂きたい、

との三代目の思いが、たくさん詰まっております。


三代目らしい、若々しい柄だと思います。


縦縞なので、柄合わせにちょっと気を使いますね。


作り手のセンスが光ります。




男性も作るので、普通の反物よりも、やや幅があります。



それぞれ反物を持ち帰り、


それぞれが、自分の浴衣を作るわけですが、


微妙に裁断の仕方が違うんでしょうね。


ぱっと見は分かりませんが、


よーく見ると、柄の繋ぎ方、見え方が違います・・・面白いです。




今回は、みなさん、どのようになるでしょうね・・・楽しみです。



日本舞踊の浴衣は、

一般的な浴衣よりも、身丈や裄は長めに作ります。

袂を扱いやすいように、私は袖丈も長くします。



今年の夏には間に合わないかもしれませんが、

できるだけ早く作ります。



来年の襲名公演の時は、


楽屋でみんながこの浴衣を着て、ウロウロしているかもしれませんね。


目に浮かびます。(*^^*)


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page