top of page

新しい曲に・・

今月から、赤坂では


「常磐津 吹寄江戸さわぎ」


の稽古が始まりました。


この曲は、

作曲 二世 常磐津文字兵衛

作詞 岩田道之輔


そして

構成・振付 藤間 可笑(市川笑三郎)


の作品です。


一月三十日の紫派藤間流舞踊会では

藤間 勘桜伎さんが踊られました。



その時の

プログラムの演目解説には


 江戸の風情や情景を描きながら、

 芝居好きな芸者が

 贔屓役者の芝居を真似てみたり、

 〽悋気しゃんすりゃ~と艶めいたり。

 常磐津「江戸さわぎ」に、

 「朝顔売り」と「年増」から

 粋な件を混ぜ込んで、

 吹き寄せの趣向にて

 江戸情緒をお楽しみください。


と書かれています。


正直、難しいです。


振りを覚え、

そのまま踊っても、

全く意味がありません。


混ぜ込まれた演目の内容を熟知していて、

一瞬のポーズでそれが表現できないと・・


さらに

それを、芝居好きの芸者が演じているんです。

(=_=)・・




初世 紫先生が得意となさった、「江戸の粋」。

芝居がかった、軽快さ

かつ奥行きのある、

おおらかな踊りを目指して

精進していきます。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page