top of page

新しい浴衣で・・

更新日:2021年9月3日

今日の放課後は、保育園内の舞踊教室の日でした。


姉妹の妹の方のKちゃんが先に来て、元気に始まりましたが、

思いのほかスムーズに終わり、

着物を脱ぐには、まだ早いように思えたので、

傘のバランス遊びをしました。


手のひらに、広げた傘の枝を立て、どのくらい安定させていられるかのゲームです。

これは、集中力とバランス感覚を養い、足と腰を柔軟にし、体幹も付く楽しい遊びです。


わたしは、暫く彼女の練習の様子を眺めておりました。




今日のKちゃんは、何時もより張り切って見えます。


曲に合わせて踊り、綺麗なポーズもつくれました。




きっと浴衣が新しいからかな。




確かに、来た時から明るく、浴衣を嬉しそうに見せてくれました。

サイズもぴったりだし、

素敵な柄で、とっても似合います。




そんなことを考えていると、

傘立ては、あれよあれよと上手になって、安定してきました。


膝を曲げ、腰を落として、バランスをとる・・・・コツがわかってきたようです。

自分で、どこを見ていたらいいのかも、気付いたみたいです。



どんどん自分で学習してますね。


身体で覚えたことは、なかなか忘れないといいますが、

本当にその通り。

なんでも吸収できる、とっても大事な時期なんです。



私は、心の中で「がんばれ」と言いながら、ただ黙って見守っているだけでした。




心が明るく前向きになると、どんどん吸収して成長していきます。


日本舞踊の教室ですが、振りを教えるだけでなく、

伸び伸びと、明るく素直な心も伸ばせたらいいなぁと、いつも思っています。



彼女の黙々と真剣に取り組んでいる姿に、


私はこれからも楽しく、明るい稽古をしていこうと思いました。



その後、時間の許す限り、扇子を使って、

歌を歌いながらの、指先の感覚あそびもしました。




楽しかったです。



日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波




閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page