top of page

水の中 気分で

今日も、暑かったです。


土用入りも終わり、

そろそろ「残暑お見舞い」という言葉を

使う事になるんですね。


今日は、少しでも涼しく見える浴衣にしました。


私の大好きな、「竺仙」の浴衣です。

江戸日本橋の老舗の ゆかた です。


竺仙さんの浴衣は、

おしゃれ着、よそ行き着になり、

すべて職人さんの手作業を経て、丁寧に仕上がった、とても洒落た着物です。


柄も、江戸小紋の洒落っ気と粋を感じます。

綿の生地の細かさも、軽くて、肌触りも良く、さらっと馴染みます。



暑い日でも、我慢できそう、気にしない気分。


つまり・・


着ている自分まで、粋な人間になった気分です。




そして、帯は「ら」

「羅(ら)」は織り方の一つ。糸をもじりながら織ってあり、織るというより、編むに近い感じです。軽くて涼しいんです。


隙間だらけの帯は、ほどけにくいです。




マスクして、

雨兼用の日傘をさして、

車内冷房対策でショールも持って、

荷物をもって・・・


途中で、暑くてヨレヨレしそうでしたが、今日も頑張りました。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page