top of page

節句飾りに思う

先日、立派な五月人形飾りを見ました。


最近は、上空を棚引く

壮大なこいのぼりを見る事は無くなり、


マンションのベランダや、

庭先に

可愛いこいのぼりを

見つけるぐらいです。


ひな人形と違って、

端午の節句の武者人形は

今の時代には

身近に感じるものがなく

ピンとくる子も少ないようです。


でも、子供達質問には

できる限り

応えてあげました。

(ひな人形より難しい (>_<))


そもそも、

この格好はなんだ?


時代背景をサーっと説明し


鎧兜の美しさ、

鯉が昇っていく頑張り・力強さ・・・

周りの装飾品をざっくり説明し

素朴な質問にも答えていきます。

私のできる限りの言葉をつかって・・・


見れば見るほど立派な節句飾りです。


でも、

男の子も女の子もポカーン・・・



仕方ないですね・・・・


弓矢が立派でした 

(つい目が行ってしまう・・・)


何の羽根かは

残念ながら

私には分かりませんでしたが

今どきの、

白い羽根に

染色を施したのとは違います。



羽根を綺麗に整えてあげました。


紫派藤間流日本舞踊 藤間紫希波

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page