top of page

自慢するわけじゃないけれど・・

初めて袖に手を通した、


古い着物があります。



母の嫁入りに持参したらしい着物ですが、



明らかに小さく



母も着なかったようです。



つまり、


母親の為に仕立てた着物ではないようです。



この地点で、もう古着だった、という事なのでしょう。




それは結城紬で、色合いも良く、年代物の割には


生地はしっかりしています。



身丈を伸ばすことがかなわず、



どうしたものかと、思っていましたが、




思い切って、


道中着にしました。


しかも、長めに・・



どうせなら、父親の羽織の裏地を使おうと、



裏側は男性用の裏生地仕立てにしました。





本日、仕付け糸をはずし、


無事に、主は私になりました。


お気に入りです。


あとは、この道中着を、洒落て着こなすだけです。

(これが、なかなか難しい (=_=) )





結局、自慢話になってしまいました(笑)。

日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page