top of page

花形名作舞踊鑑賞会 藤娘

花形・名作舞踊鑑賞会


の第二部に


三代目家元藤間紫が


長唄 藤娘


で出演いたします。


ここまでは、以前書かせて頂きましたね。






藤娘はとても有名な曲でして、



日本舞踊をする人なら



一度は必ず踊ってみたいと思う曲でしょう。





巨大な松の木に


たくさんの


藤の花房が下がっている


そんな華やかな舞台装置の中で


藤の精が様々な女心を踊っていきます。



本来は大津絵の中から出てきた娘が踊る


という変化舞踊の中の一つでしたが


内容を一新し、


衣裳の引抜きなどの演出の他に


長唄の藤音頭も挿入されたりして、




以来、その形が一般的になり


現在では


歌舞伎舞踊の演目の一つであり、



日本舞踊でも欠かせない曲となりました。



7月23日(土)


国立劇場小劇場です。





日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page