top of page

薪能  疫病退散祈願


「薪能」は、屋外にて行われるものですが、


観能される方々の、コロナ禍の安全対策として、


晴雨にかかわらず、春日部市民文化会館で


開催されました。


今年は「疫病退散」祈願の開催ということで、


特に、開催を願う声が、多く上がったと聞いてます。



開催していただき、ありがとうございます。


さすが、春日部です。「牛島の藤」が有名ですもんね。きれいな刺繍です。



幕があきました。


写真は、ここまで。




演目は


素謡  翁 (おきな)   

謡のみです。幕開けに演じられる、

天下泰平国土安穏を祈願する曲目です


仕舞  春日公孫樹 (かすがいちょう)

謡に合わせ、袴裃の姿で舞うシンプルなものです。

銀杏の木の精霊が現れ、この地を守ると告げるお話


狂言  六地蔵 (ろくじぞう)

今回も、野村萬斎さんが出演してくださいました。

面白かったです。やはり、狂言が入るとほっとしますね。



能  羽衣 (はごろも)

過去に何回も観たことがあるのに、毎回感動します。



久しぶりに観能いたしました。



そして、私は「能・狂言」等々が、好きなんだなと


改めて思いました。




2年に一度開催される「薪能」ですが、


春日部八幡神社での「薪能」を


見る願いは、まだ、叶ってません。



毎回、この日は雨なんです。


今回は、コロナ対策と言ってますが、


結局は雨でした・・・。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波





閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page