top of page

長唄 供奴


私が小学生の時の舞台「供奴(ともやっこ)」です。


後で聞きましたら、女の子が衣裳を着て踊るのは珍しいそうです。


当時の先生は、よく思い切って本衣裳をつけると決断してくれました。

ありがとうございます。




でも、当時の私は、こんな容姿になると全く考えてなくて、


鏡の中の仕上った自分の姿に驚き、悲しく、


ただ茫然と、立ち尽くしていた事を覚えております。





この踊りの特徴は、何といっても


派手・・・

威勢よく・・・

軽快な足拍子・・・


吉原通いのご主人のお供をしてきた奴が、


ご主人とはぐれてしまい、探し回りながら、


ご主人の自慢をしたり、


誇らしく思っている踊りです。


足拍子を踏むところが見どころで、


三味線と鼓にあわせ、弾みをつけて


音と呼吸を揃えて踊ります。




だから体力がいるのです。



足が丸出しなので、足の形も重要です。


しかし、何といっても女の子の足なので、


力強い筋肉がないですね。(お恥ずかしい限りです)



役者さんの供奴を是非見て欲しいです。



はじまりは「仕て来いなぁ~」と大きな声で叫び、花道から出てきます。

この言葉の意味は、今日は用事があるんだぁ~、という感じでしょうか。


その「仕て来いなぁ~」も随分練習しましたが、果たして、どうだったでしょうね。


当時のビデオは無く、残念ながら、今の私が見ることはかないません。



奴凧(やっこだこ)は、供奴の姿でよ。





先日の「七葉の会」では、藤間初紫乃さんが「供奴」をおどりました。


よく体が動いて、素晴らしかったです。



できる事なら、私も、もう一度踊ってみたい曲です。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page