top of page

開けてはいけない

お盆明け、初の日本舞踊教室は


保育園内に隣接されている

「支援センター」

での授業です。


「桜禿(さくらかむろ)」

という曲を

お稽古しています。


これは、


見習の禿が

姉さんから預かった

大切な文を

届けに行く道すがら、

つい

毬をついて

遊んでしまう、


という、

可愛らしい女の子の曲です。


文箱は黒塗り箱で、


小さい手には、少々大きく重いですが、

大事そうに扱い、踊ります。


お稽古をしながら

本人も、箱の中を知りたいようですが、


絶対に開けて見てはいけないのです。


私は

結び目に

銀の鈴をつけています。


紫派藤間流日本舞踊 藤間紫希波





閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page