top of page

鼓(つづみ)と鞨鼓(かっこ)で盛り上がりました

更新日:2021年4月7日



ことの発端は、仕舞用の鞨鼓を見せて頂いた事にあります。



舞踊用の鞨鼓とでは大きさや、描く柄、紐のかけ方が違うなどと話していて、



仕舞は美術装飾品の傾向が強いのではないか、



舞踊では実際に撥でたたくから・・・




という事で納まりました。





こんなに盛り上がったのは、普段は各自のお稽古では手作りを使っているからです。




朱赤色の太い絹紐だけはなかなか手に入らない



と苦労話でまた盛り上がります。手芸店には置いていないのです。




勿論私も作りました。



子供用だったり、男踊り用で、色は地味ですが・・・。




三代目さんが、私物の鼓をみせてくれました。


やっぱり、紐のかけ方が大きく違います。

鼓は紐の締め具合(握り具合)で音色を変化させるし、




鞨鼓は帯に芯を差し込んで、お腹のあたりに付けるから、確かに違いますよね。




みんなは鼓も手作りしているようです。



(鼓は作った経験のない私は内心焦ります!)





ちなみに、下の写真は、市販されている稽古用の鞨鼓です。

埼玉県日本舞踊教室 藤間紫希波

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page