top of page

6月の大歌舞伎

更新日:2021年5月28日


新作「日蓮」、ほとんどスーパー歌舞伎らしいです。



日蓮上人降誕八百年記念として、作られた作品で、


ずいぶん前から、練り上げられていて、満を持しての初お目見えとなります。




内容は、日蓮上人が法華経に目覚め、


法を説いて歩く,

その苦難の道のりを中心に描いてあるようです。


(これらはすべて笑三郎さんからお聞きしたことです(*'▽'))



先週あたり台本が配られ、25日から本格的な稽古に入るとの事、



毎回の事ながら、短い期間で作品を仕上げていくのは、本当にすごいなぁと思います。




まして、前例のない作品だし・・




最近は三部制となった歌舞伎座公演ですが、


以前は二部制だったと思います。


それが四部制となり、今は三部制。




震災やコロナの影響の自粛要請等々がありましたが、



その中でも、役者さんや裏方さん、歌舞伎座に関わる皆さん、そのご家族方々のお陰で、



現在この様に休館することなく、上演できますのは、



本当に素晴らしいことだと思います。



体調管理をはじめ、見えない御苦労もたくさんあるでしょう。



でも、

東京銀座にある歌舞伎座は、

日本を代表する歌舞伎舞踊の聖地です。




新しくなって、まだ数年ですが、これから益々盛り上がり、


舞踊界が栄えてくれることを願っています。



私は、全くの微力で舞踊界の末席にも及びませんが、



地道に日本舞踊の楽しさ、奥深さを伝えていきたいと思います。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page