top of page

西太后から

初世藤間紫先生の「西太后」は凄かった。



お芝居の中で、歌舞伎で言う見得をきったのです。


その瞬間、私はドキリとし、


今でも、その場面ははっきり脳裏に焼き付いています。


とにかく、凄かった。


かっこよかった。


歌舞伎の要素をさりげなく入れ、そして、決まる姿は美しい。



日本舞踊家がお芝居をすると、こんなに素晴らしい舞台になるのか!


新鮮な感動を初めて覚えた舞台だった。


藤間紫写真集より




お稽古場に、その「西太后」の人形があります。


勿論、モデルは紫先生。




稽古場に入ると、


先生のお写真にご挨拶するのですが、


そのガラスケースに入っている紫先生の「西太后」を眺めるのも


習慣になっています。




いま、藤間紫は三代目となりました。


女優としては藤間爽子の本名のままですが、


爽子さんのお芝居を見たとき、


大輪が開花する前の、大きなエネルギーを感じ、


感動して嬉しくなりました。



この度の、


三代目藤間紫襲名披露舞踊会では


会主として、立派に組織をまとめてくださいました。



もう気持ちは、


更なる高みに向かっていると思いますが、


私は、本当に楽しみです。




そして、


初世藤間紫先生の弟子であった私は



一生懸命付いていこうと思っています。


日本舞踊紫派藤間流 藤間紫希波





閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page